きねやは京都で帯締め・帯揚げ・帯留め・半襟・袋物・風呂敷・帯を扱う和装小物専門店です。

和装小物 きねやトップ
 店舗情報 お買い物方法 法規に基づく表示 リンク お問い合わせ
和装小物きねやTOP > 茶道関係お勧め品 > 名物裂数奇屋袋

●名物裂数奇屋袋●

●石畳鱗唐花紋1
___________
石畳文様は真四角の柄(敷石を模したもの)を市松に並べたものです。このお柄は唐花の花びらに鱗文様(三角が繋がった柄)と四角の石畳文様を敷き詰めたお柄です。唐花は唐風の花であり渡来の架空の花です。
唐花の中の文様は花ごとに色を変えて織ってありとても綺麗です。
■商品NO
6101-22
■商 品
石畳鱗唐花紋 レンガ色
■価 格
14,000円+税
 

●柄部分アップ



●石畳鱗唐花紋2
___________
鱗文様は古墳時代から使われている柄なのですが三角形の繋がり文様は蛇などの鱗にも似ているので「鱗」の名がついたようです。脱皮する蛇などは厄を脱いで成長するところから非常に縁起が良く、厄除の意味もあります。

■商品NO
6101-23
■商 品

石畳鱗唐花紋 みどり色

■価 格
14,000円+税
 

 

●円繋華紋
___________
その名の通り花の文様を円で繋げてある可憐なお柄です。
輪を重ねる七宝文様とは違いこちらは輪が重ならず花で繋いであります。輪のセンターにある赤い花は四方に葉を配置してあり、野に群生して咲く花を連想し華やいだ若々しい気持ちになるお裂地です。
プレゼントにも好適なお柄に思えます。
■商品NO
6101-24
■商 品
円繋華紋 朱
■価 格
13,000円+税
 

円繋華紋柄のアップ


●円繋華紋
___________
お色違いです。
■商品NO
6101-25
■商 品
円繋華紋 みどり
■価 格
13,000円+税
 



●雨龍間道
___________
雨龍(あまりょう)は名前の通り水龍で日本では水神として崇められその文様は波と龍をモチーフに作られています。その文様は家紋にも使われ小紋柄にも多く見られます。
雨龍間道は間道柄の中に雨龍の地紋があるお柄です。
当店では人気柄のひとつです
■商品NO
6101-26
■商 品
雨龍間道 シルバーグレー
■価 格
9,000円+税
 

雨龍の地紋が入っています。シルバーグレーの雨龍間道は線が紫でセンターのラインは黄色です。お色違いもございます。
(白、濃いグレーもございます)



●船越間道
___________
戦国武将の船越五郎右衛門景直は茶道に造詣が深く、数々の茶の湯の器を所持していたことで知られています。この生地もまた五郎右衛門が所持していた緞子として伝えられ「船越間道」と呼ばれています。金襴のきらびやかさはないのですが緻密でデザイン性に優れた織り方がされています。ベースの藍地と茶ベージュにえんじの色の配分が申し分無いお柄です。
■商品NO
6101-27
在庫切れ中
■商 品
船越間道
■価 格
 


●吉野間道
___________
江戸時代の京都の豪商で文人、灰屋紹益(はいやじょうえき)が吉野太夫に贈った裂と伝えられています。紹益は近衛信尋と太夫を争い、身請けして妻にした話が有名です。
生地は縞の上に浮織縞が横に配置されており色使いも印象的、立体感があるお裂地です。

■商品NO
6101-28
在庫切れ中ですが他のお色があります。近日アップ
■商 品
吉野間道
■価 格
11,000円+税
 

●浮織縞部分アップ
縞の文様の部分の糸に凹凸と言いますか、浮いて見える様に織ってあります。

間道柄は種類が沢山ございます。同じ名前でもお柄が少し違うものやお色違いも多数あるようです。

<<前へ 


 
和服 ネットショップランキング帯揚げ ネットショップランキング和小物 ネットショップランキング和雑貨 ネットショップランキング帯締め ネットショップランキング
和装小物きねやTOP > 茶道関係お勧め品 > 名物裂数奇屋袋


※ファイル整理の為、予告無くページが消失する場合がございますので、お気に入り登録はトップページにお願いします。
Copyright 2015 Kineya. All rights reserved.